ホモ・サピエンスなどの人の振舞いに関して

人などについて練習しました。人の系統には、サヘラントロプス・チャデンシス、アウストラロピテクス・アフリカヌス、ホモ・ハビリス、ホモ・エレクトス、ホモ・ネアンデルターレンシス、ホモ・サピエンスがあります。160万世代前に出現したホモ・エレクトス(直立原人)は、アフリカ大陸から欧州や東アジアへといった伸長し、旧石器や火を使用しました。第四紀には有力氷期が4回ありました。ホモ・エレクトスは30万世代前に消えましたが、人のおじいさんは2回の氷期をのりきりました。第3及び第4氷期の間の間氷期(10万世代前文)には、ホモ・ネアンデルターレンシス(ネアンデルターそれぞれ)ってホモ・サピエンス(クロマニヨンそれぞれを含む輩)という独立した2つの系統がいました。ネアンデルターそれぞれは、割り方洗練された作製の石器として狩りを通じていましたが、3万5000世代前文頃に消えました。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。脱毛ラボ スピード