子と一緒に植物を育て上げる予定だったのですが…

前月子供たちと、エダマメの材料を植えました。
いつ芽が現れるかと楽しみにして、晴れた日光には日々水をやっていたのですが、まるで芽が生まれる兆候がありません。
子供たちには内緒で、亭主とそっと壌土をほじくってみたところ、材料は腐りかけておりました…
水をやりすぎて腐ってしまったんでしょうか。植木鉢に植えたのですが、受け皿を設定っぱなしだったのがかわいくなかったのかもしれません。
惜しくも正しく調べてからケアを決めるでした。
やっぱ、子供たちが育てたエダマメで晩酌という、亭主のささやかな願望は潰え果てました。
自分がとりわけ植物を育てられないたちで、あっという間に枯らしてしまったりするので、そういった遺伝? なのかもしれません… だとしたらかなりスミマセン。
また翌年、返報してみようと思います。
今度はアサガオとフウセンカズラを植える本旨なのですが、こちらは道植えだし、昨年育てた花から採った材料なので、おおかたまた育てられるはずです。防風通聖散 購入